韓国の毛穴レーザー治療とは?おすすめのクリニックも紹介

小鼻や頬の毛穴が気になり、コンシーラーやBBクリームでカバーすると余計に目立ってしまうという悩みをもつ人も多いのではないでしょうか。キメが整った滑らかな韓国人女性の肌に憧れる人も多いでしょう。そこで、韓国人女性の美肌を目指すために韓国で行える毛穴レーザー治療と、おすすめの美容クリニックを紹介します。

韓国の毛穴治療方法

IMG_256

https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E6%B3%A8%E5%B0%84&srt=dlrank

毛穴の治療は、レーザー治療の他にも肌の状態に合わせていくつの施術から選べる可能性があります。韓国の毛穴レーザー治療の内容と、クリニックでの施術の種類について確認しておきましょう。

最も多いレーザー治療

韓国の美容クリニックでは、デュアルレーザー、レーザートーニング、ピコレーザーといった施術メニューで毛穴の治療を行います。毛穴の悩みをメイクでカバーする方法ではなく、肌質を変化させることで悩みを解消するという治療方法が一般的です。ただし、韓国で毛穴のレーザー治療をする際には、アフターケアの有無やダウンタイムの長さ、滞在期間中に治療が完了するのかどうかを確認するのを忘れないようにしましょう。

注射やピーリングも選べる

毛穴のレーザー治療だけではなく、注射やピーリングなども人気です。

注射は、毛穴を引き締めたり縮めたりする効果が期待できるサーモン注射、水光注射が人気を集めています。ピーリング治療とは、毛穴の角質を取り除いて肌代謝を促進させるための治療方法です。レーザーと比較するとダウンタイムが短く、痛みを感じにくいことがメリットだといえるでしょう。

韓国での毛穴レーザー治療におすすめのクリニック3選

IMG_256

https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E7%BE%8E%E8%82%8C%E5%8A%B9%E6%9E%9C&srt=dlrank

韓国で行う毛穴レーザー治療におすすめの美容クリニックを3つ紹介します。それぞれのクリニックの特徴と、毛穴レーザーの方法、費用の目安についてもチェックしておきましょう。

Jfeel皮膚科

Jfeel皮膚科(ジェイピルピブクァ/제이필피부과)は、地下鉄2号線・空港鉄道線弘大入口(ホンデイック)駅近くにある美容クリニックです。アクセスしやすく、観光も楽しみたいという人に最適でしょう。

1人1人に合った施術を行ってくれるほか、ボトックスといった美容整形のほか、毛穴レーザー治療といった肌悩みの解消ん最適な施術メニューを用意しています。院長自ら患者のカウンセリングを行い、施術とアフターフォローも行っているので安心です。

また、Jfeel皮膚科で毛穴レーザー治療といった施術を行った日本人旅行者は、仁川(インチョン)・金浦(キンポ)国際空港で手続きを行うことで付加税を還付できます。

毛穴レーザー治療の主なメニューとして、デュアルピコトーニング、色素破壊パッケージなどを提案されることが多いです。

デュアルピコトーニングは、施術時間がおよそ40分、費用は165,000ウォン(日本円で約14,000円)、色素破壊パッケージ(デュアルピコトーニングレーザーとO2ドーム酸素テラピー)は施術時間がおよそ1時間、費用は220,000ウォン(日本円で約19,000円)で行えます。

デュアルピコトーニングレーザーとは、ジェネシスレーザーとピコレーザーの2種類の医療機器を用いて肌の色素にアプローチする方法です。ピコレーザーは、ピンポイントで色素のみにレーザーを当てられるため、県粉肌の細胞にダメージを与えにくく、気になる部分にのみアプローチできます。

ジェネシスレーザーは、肌のキメを整える効果が期待できるため、肌のたるみやキメが乱れることで毛穴が開いてしまうといった悩みに最適でしょう。2種類のレーザーを照射するだけではなく、患者の肌質に合わせて4種類の波長を調整します。そのため、肌の表面だけではなく角質層にまでレーザーを当てられることが魅力です。

ヘドゥリン皮膚科・韓医院

ヘドゥリン皮膚科・韓医院(ヘドゥリン ピブクァ・ハニウォン/해들인피부과,한의원)は、レーザー治療によるアンチエイジングや、患者の症状や悩みに合わせて韓方薬を処方している美容クリニックです。

延世大学がある若者に人気のエリア新村(シンチョン)駅近くにあり、ニキビや毛穴といった肌悩みや、ダイエットやリフティングまで、全身の美容ケアを行えます。特にダイエットメニューで有名な美容クリニックであり、国内、海外から多くの患者が訪れていることが特徴です。

韓薬(ハニャッ)の処方とレーザー施術といったいくつかの治療を組み合わせることで、患者にとって最適な治療メニューを提案してくれます。院長は3人在籍しており、日本語のコーディネーターも常勤しているため、安心してカウンセリングを受けられるでしょう。

ヘドゥリン皮膚科・韓医院で受けられる毛穴レーザー治療は、Doublo lifting(ダブロ・リフティング/童顔レーザー)、フラクセル+デュアルレーザーが挙げられます。

Doublo liftingは、施術時間がおよそ2時間、300ショットで費用は600,000ウォン(日本円で約51,000円)です。Doublo liftingでは、超音波を使って肌の奥にある表情筋にアプローチして肌のキメを整え、毛穴の開きを解消する効果が期待できます。皮膚の奥の3~4.5mmに存在する表情筋に1mm程度の小さな熱凝固体を生成し、熱凝固体の熱反応で皮膚の組織が収縮するという仕組みです。

スピーディーに肌の変化を感じられるうえに、ダウンタイムが短いためすぐにメイクをできます。また、エラスチンやコラーゲンといった肌のハリを保つ成分の生成は最大3ヶ月持続することが魅力だといえるでしょう。

フラクセル+デュアルレーザーは、ソフトピーリングとレーザートーニングを組み合わせたメニューであり、施術時間はおよそ2時間、費用は490,000ウォン(日本円で約42,000円)です。最初に医療用のカーボン液を塗布し、ソフトピーリングをした後にレーザートーニングを行います。

フラクセルとソフトピーリング、レーザートーニングといったいくつかのレーザー治療を組み合わせて、肌の色素沈着を改善するのに効果的です。基本的には美白効果を得るために行われることが多いですが、エステを受けるようなイメージで行えることから、美容クリニックをはじめて利用する人に最適なメニューだといえます。毛穴の悩みのなかでも、毛穴が炎症を起こし、赤い跡が残ってしまった場合に最適だといえるでしょう。

WIZ&美 美容外科・皮膚科

WIZ&美 美容外科・皮膚科(ウィジュエンミ ソンヒョンウェクァ・ピブクァ/위즈앤미 성형외과・피부과)は、韓国の人気スポット明洞(ミョンドン)にあり、地下鉄2号線乙支路入口(ウルチロイック)駅から徒歩3分、地下鉄4号線明洞駅から徒歩10分以内と好立地であることが特徴です。

プチ整形やダイエットメニュー、アンチエイジングメニューなども豊富で、レーザー治療も行っています。毛穴の悩みには、モザイクフラクセル、レーザートーニングといったメニューが人気です。

モザイクフラクセルは施術時間がおよそ90分、440,000ウォン(日本円で約38,000円)であり、年齢とともにたるんだ肌や毛穴が開いた肌にレーザーを当てることで新しい皮膚の生成を促します。レーザートーニングは施術時間がおよそ1時間、費用は330,000ウォン(日本円で約28,000円)です。毛穴の開きや、小ジワの改善にも効果が期待できます。

韓国の美容レーザーで毛穴レスを目指そう

IMG_256

https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E6%AF%9B%E7%A9%B4&srt=dlrank

1人1人、皮膚の厚さや筋肉の付きかた、脂肪の量や顔の形、毛穴の悩みの原因に違いがあります。そのため、いずれのクリニックでも患者の毛穴の悩みの原因や状態をカウンセリングしてから、悩みの根本的な解消を目指すための施術を提案していることが特徴です。韓国人女性の滑らかな肌を目指して、美容クリニックで毛穴の悩みを解消しましょう。

フォローして最新情報をチェック!プレゼントキャンペーンの情報も発信しています!
>ながら美顔器「BLUHEN(ブリュエン)」

ながら美顔器「BLUHEN(ブリュエン)」

Essencimoでは、忙しいママさん・主婦・OLの方にオススメの○○しながら首・フェイスライン・顔のケアできる美顔器BLUHENを販売しております。

CTR IMG